利用規約の確認

 

すべてのクライエントさまが安全に安心して当センターをご利用いただくために、下記の 利用規約を定めています。当ルームでのカウンセリングをご希望の場合は、利用規約の内容をよくご確認いただき、ご同意いただいた上でお申込みください。

東京・神楽坂ルーム室長 濱野美智子
日本心理教育センター長 魚住絹代

利用規約

1.当ルームは完全予約制となっております。予約の調整に際しては、事務スタッフやカウンセラーとの速やかで円滑な連絡にご協力いただくこととします。

2.カウンセリング料金(電話・スカイプ相談を含む)については、予約日の3日前(日・祝日を除く)までにお振り込みいただくこととします。お振り込みが確認できない場合は、キャンセル扱いとなりますので、ご注意ください。お急ぎのお申し込みで、予約日まで3日を切っている場合は、お申し込みをされた日のうちに、必ずご入金ください。
 振込先 三井住友銀行 大阪中央支店 普通口座 8502547
 口座名義 株式会社 日本心理教育センター
*振込依頼人の前か後ろに、セッション予定日を入力ください。例)1月1日心理由佳→0101シンリユカ

3.当日は、セッション予定日の5分前にご来所ください。混雑状況によっては、エントランス・ロビーのソファーやお部屋の待合スペースでお待ちいただく場合があります。
4.予約をキャンセルする場合は、前々日午後4時までにご連絡いただくこととします。キャンセルされた場合は、振り込み手数料を差し引いた金額を指定の口座にお振り込みするか、次回のカウンセリング料金に充当させていただきます。
予約日の前々日午後4時を過ぎますと、キャンセル料が発生いたします。連絡なく当日キャンセルされた場合は、予定のセッション料金の全額を、セッション開始時間までにご連絡を頂いた場合は半額を、キャンセル料としてご負担いただきます。キャンセル料は、予めお支払いいただいた料金から差し引き、残りを返金いたします。

5.心療内科や精神科に通院されている場合には、主治医とご相談のうえ、カウンセリングの許可をお取りください。また、安心してカウンセリングをお受けいただくために、担当カウンセラーが主治医と情報共有するなど、連携させていただく場合があります。
現時点で通院されていない場合でも、ご病状によっては、医療機関を受診して、カウンセリングの許可をお取りいただく場合があります。主治医やカウンセラーが、カウンセリングが適さないと判断した場合は、その判断に従ってください。

6.万一自殺企図や自殺念慮が切迫していると認められ、カウンセリングを中止した方がいと担当カウンセラーが判断した場合は、カウンセリングをいったん中止させていただくことがあります。また、必要に応じて、ご家族や関係者への連絡を行い、同伴をお願いすることがあります。これらの対応については、担当カウンセラーまたは室長、センター長の判断、指示に従うこととします。判断に迷うときは、顧問医や主治医に相談する場合があります。

7.安心してカウンセリングをお受けいただくために、当センターではスーパービジョン体制をとっております。当ルームで実施されたカウンセリング内容について、担当カウンセラーより実施記録を兼ねた報告書が提出され、室長、センター長、顧問医のもと、必要に応じて、意見交換や指導、スーパービジョンを行います。なお、プライバシー保護のためにクライエントさまの氏名は匿名化されます。
当ルームで行われたカウンセリングの内容については、実施記録を兼ねた報告書が、担当カウンセラーより室長、センター長、顧問医に提出され、チェックを受けるとともに、必要に応じて、意見交換や指導、スーパービジョンを行う体制になっております。報告書では、クライエントの氏名が匿名化されていますが、カウンセリングの内容について、室長、センター長、顧問医も把握し、情報を共有することになります。その点について、その必要性をご理解いただいたうえでご了承いただいたこととします。

8.当ルームでは、緊急時以外、電話での対応は行わず、連絡は原則メールで行うこととします。メールアドレスは、kagurazaka@kokoro-support.coです。緊急ダイヤルは、遅刻や急なキャンセルなどの際の専用電話です。それ以外の連絡は、メールか、本部の神楽坂ルーム専用ダイヤルにおかけください。神楽坂ルーム専用ダイヤルは06-6210-3690です(日曜祝日を除く9:00~16:00)。また、予約なく電話相談専用ダイヤルにおかけになっても、対応ができませんので、ご了承ください。

9. 大きな声を出すなど、近隣や他のクライエントさまにご迷惑がかかる行為、長時間または頻回の電話、威嚇的な言葉遣いなどスタッフの業務に支障をきたしたり、精神的なダメージを与える行為、その他規約に反する行為がある場合は、当ルームの利用をお断りさせていただきます。当ルームがみなさまの安全基地となりますよう、ご協力ください。

10.多くの課題は、一朝一夕に克服できるものではなく、根気強い取り組みが必要となります。カウンセラーだけでなく、クライエントさまご自身やご家族様のご理解とご努力が必要になってまいります。その点をご理解の上で、カウンセラーに一方的に求めるのではなく、クライエントさまご自身が主体的に参加し、ご自身の課題に取り組んでいくように努力することとします。